何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

「安かろう、悪かろう」覆した新幹線商談

戦後から凄まじい勢いで成長した日本! 特に電気関係での復旧は素晴らしいものだった。戦後の日本の電気製品と言えば電灯とラジオ位だ。昭和30年代前後からは炊飯器・洗濯機・冷蔵庫・音響製品・テレビなどが矢継ぎ早に開発され、エアコンなども販売されるようになる。この頃から主婦の生活がガラリと変わり楽になってくる。急激な成長期では「安かろう悪かろう」の製品が氾濫していた時代。今回の記事にあるような乾電池でもアメリカで受け入れてもらうには相当の苦労があったようです。松下電器も当時はアメリカからの製品を真似して生産するとして「マネシタ電気」などと言われる時代でもあった。今韓国・中国が真似をする時代に入ってきていると言うことは彼らが日本に追いつくには数十年かかる、或いは追いつくことは出来ないと言っても過言では無い。その頃には日本はもっと進化しているからだ!

「安かろう、悪かろう」覆した新幹線商談
元アメリカ松下電器会長 岩谷英昭さん
2014年10月16日(Thu)  菅谷淳夫 (フリーライター)

幹線を出張などのビジネス用途に利用している人は多いだろう。
 元アメリカ松下電器会長の岩谷英昭さんは、高度経済成長期の1970年代に、新幹線の大胆な活用法を思いついた。「日本の優れたテクノロジーをプレゼンテーションする場」として新幹線を利用したのだ。

 70年代の常識では、乾電池は使わなくても性能が劣化する「生き物」と思われていた。松下の製品はその弱点を克服したが、アメリカ人は信じない。日本から1カ月もかけて船で運ぶ時点で、性能が落ちていると判断された。そのうえ「日本の乾電池は粗末な工場で手作りしているのではないか」と、あらぬ疑いもかけられた。

 「実際には、単三電池なら1分に1000個、単一なら1分に600個作れる、世界最高の生産能力を有する工場で作られていました。もちろんオートメーション。しかし、彼らは信じてくれないんです」

 そこで岩谷さんは一計を思いつく。ともかく生産の現場を見てもらおうと、アメリカの大手スーパーマーケットのバイヤーなどを工場のある大阪に招いた。その時に、彼らを新幹線のグリーン車に乗せたのだ。「その頃のアメリカには、時速200キロ以上で走る鉄道なんかありません。しかも超高速で走っているのに、車内が揺れずに、飲み物を置いてもこぼれない。彼らはそのテクノロジーに感動し、乾電池を売る約束をしてくれたものです。新幹線は、技術立国・日本のシンボルでした」

苦心した松下へのルート

 新大阪駅に到着後も、岩谷さんの苦心は続いた。ごみごみした街並みは避け、高速を使って太陽の塔の残る万博会場跡地など見栄えのする場所ばかりを通って、松下の工場まで案内した。「わざと遠回りして、きれいな街ばかり見せただろ」と目論見に気づいたバイヤーもいたが、その心意気を買われて、商談はうまく進んだという。

 こうして松下のアメリカにおける販路が地道に開拓されていった。日本の乾電池の性能が、アメリカ人の隅々にまで知れ渡ったのは、80年代の半ば。アトランタに巨大な乾電池工場を建造した時からだった。

 そんな岩谷さん自身にとっても、若かりし日は新幹線が「夢の超特急」だった。岡山県生まれの岩谷さんが、東京の大学に入学したのは、新幹線の開業と同じ64年。しかし、ひと月1万円の仕送りで暮らしていた学生にとって、東京~新大阪間が2480円もする新幹線(「ひかり」の普通車利用の場合)は、高嶺の花だった。故郷への往復に利用するのは、もっぱら在来線の夜行列車と決まっていた。



スポンサーサイト

  1. 社会ニュース
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 07  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。