何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

日本で開発の「タオル」に驚嘆! 「日本人の創意工夫に敬服」

資本金無しで「権利収入を」とは・・・(もっと読む)
毎月3万円でも5万円でも振り込まれてくると助かりますね。

日本で開発の「タオル」に驚嘆! 「日本人の創意工夫に敬服」=中国メディア
さーちな

2015年1月28日(水)17時37分配信 サーチナ

日本では当たり前の「創意工夫」も中国では”脅威”になるらしいですね。昨日より今日、今日より明日へと進歩する、お客様へのより良い製品を提供する、これは企業として成長するもっとも基本的なことだと認識しているかどうかの違いでしょう。その認識が低い中国は日本に追いつくことは永遠にないと思います。それで良いんだけどね。

 中国メディアの捜狐は27日、日本で開発された「タオル」を通じて、日本人の創意工夫について敬服させられたとする記事を掲載した。

 記事は、日本人は日常にありふれた存在であるタオルですら創意工夫に全力を尽くしているとし、吸収力が極めて高いタオルの存在を紹介。濡れた髪の毛のうえに数分間、タオルを置いておくだけで髪の毛が乾いてしまうと驚きを示しつつ、「濡れた髪の毛で風邪を引いてしまうことを防げるうえ、ドライヤーで髪の毛を乾かす際に使えば髪へのダメージも減らせるらしい」と伝えた。

 また、日本には防炎加工の施されたタオルや、大人に比べて皮膚の薄い赤ちゃん用のタオルまで存在することを挙げ、タオルという日用品を通じて、「使う人に対してここまで気配りできるのか」と感嘆の言葉を並べた。

 続けて、「創意やイノベーションを追求しようとする近年の中国社会において、創意とは“完全なる新しさ”と認識されていることが多い」とする一方、日本のタオルの事例から「イノベーションの種というのはわれわれの眼前のあらゆる物事のなかにあることが分かる」と指摘。

 さらに記事は、日本人がタオルというありふれたモノに対して科学技術を応用し、創意工夫を凝らし、付加価値を高めようとする様は「中国人にとって学習に値すること」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



スポンサーサイト

  1. ニュースひらい読み
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。