何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

家族葬など小さい葬儀 香典少ないため持ち出し費用高額化も

労せず毎月5万円の収入が入れば何に使いますか?・・・(もっと読む)
(資本金も要りませんからチャレンジして余裕資金を獲得してください)

最新ビジネス記事のRSS
家族葬など小さい葬儀 香典少ないため持ち出し費用高額化も

最近は昔のような派手な冠婚葬祭は少なくなりました、結婚式など終わった後になっての請求で揉めることは少ないようですが、葬儀に関しては問題が起こり勝ちになります。
亡くなってから葬儀までの期間が無いことで葬儀屋さんとの話し合いが密に行われず言われる通りの費用、それもどこまでの予算なのか追加費用についてはドサクサに紛れて後から請求されたりしているそうです。悲しみに暮れて虚脱状態になっているので付け入られる事になるのかも知れません。事前に調べるとかしておく方が良いですね。高齢化が進んでいるってことは葬儀も多くなるってことですから念のため。


 週刊ポストが老後のお金を徹底解説した増刊『丸ごと一冊 老後のお金すべて解決』を緊急出版した。その中から、何かとトラブルになりがちな「葬儀」のお金に関するエッセンスを紹介しよう。

 最近は「小さい葬儀」が主流になりつつある。家族や親族だけで通夜や葬儀を行なう「家族葬」や、通夜や葬儀を省き、納棺と出棺だけで荼毘に付す「直葬」……。都内ではすでに葬式の7割がそうした形式だ。

 葬儀にお金をかけられない懐事情もあるが、経験者からは「逆に一般葬より費用がかさんでしまった」という声が聞こえてくる。NPO法人・葬儀費用研究会の冨永達也・事務長が指摘する。

「会葬者が少ない『小さな葬儀』は、それだけ遺族が受け取る香典が少なくなります。一方、会葬者20~30人の家族葬でも、祭壇や棺、火葬の費用、葬儀社による司会・進行費など固定費は、一般葬とほとんど変わらない。弔問客にふるまう通夜の料理や返礼品などの費用が抑えられるだけです。

 実は、一般葬では葬儀費用の大半が香典でまかなえるケースも少なくない。家族葬では香典が少ないのでかえって持ち出し費用が高額になるのです」

 葬儀業界も価格競争の時代で、「葬儀一式○○万円」といった定額料金を謳う葬儀社が急増している。だが、そこにも落とし穴がある。エンディングコンサルタントの佐々木悦子氏が語る。

「葬儀社によって『葬儀一式』に含まれる要素が異なります。棺、ドライアイス、司会・受付、遺影、納棺用具の費用で葬儀一式と謳っている葬儀社が多いが、それ以外に霊柩車、斎場使用料、火葬料、通夜料理、香典の返礼品などの費用がかかるのが一般的です。その部分を“一式”に含まず、割安感を与えて受注に結びつけようとしている業者があるのです」

※週刊ポスト2015年1月30日号



スポンサーサイト

  1. お役立ち情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。