何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

「復讐姫」趙氏は誰? =大韓航空と系列LCCのジンエアーの専務取締役

ナッツ姫を擁護し、復習に燃える「復讐姫」が誕生した。アメリカで学位を取ったそうだけど、何を勉強してきたのか? チョット弱い感じですね。姉の復讐を誓う位だから、どんな頭脳構造をしてるのか韓国国民も呆れているようです。以下その顛末を・・・

「復讐姫」趙氏は誰? =大韓航空と系列LCCのジンエアーの専務取締役、「ナッツ姫」趙氏の妹で韓国上場会社の最年少の取締役
WoW!Korea 12月31日(水)13時47分配信

大韓航空のオーナー3世の末っ子のチョ・ヒョンミン(31)氏。大韓航空の旅客マーケティングを担当する取締役専務であり、LCC(格安航空会社)であるジンエアー(Jin Air、大韓航空の系列会社)でも広告マーケティングを担当する取締役専務を兼任している。

 1983年生まれで、アメリカのUSC大学でコミュニケーションを専攻、大韓航空や韓進グループではなく、別財閥系列の広告会社「LGアド」に2005年入社した。2006年には同社でドイツ車「ベンツ」の広告制作の実務を担当し、新車発表会を大韓航空の格納庫で開くなど、「斬新なアイディア」で有名になった。
 
 しかし、2007年に大韓航空に入社し、高速昇進を繰り返した以降は、韓国経済の75%を独占する財閥のオーナー一族経営の批判の的になることもあった。

 特に、“誤字問題”で恥を掻いたことでも有名。2012年、旅行用品販売会社の社長がSNSに、「ジンエアーは、乗務員の上の制服の丈が短くてよくない。顧客の荷物を引き上げる際、ヘソが見えたりもする」とつぶやくと、趙氏は「メイギカイソン(名義壊損)」だと同じSNSで強く反発した。しかし、正しくは「メイヨキソン(名誉毀損)」。

 このことが当時マスコミで大きく報道されていて、「国語も正しく知らないオーナーの一族が、アメリカ留学で学歴を作り上げ、国民が支えてきた財閥を一族経営として継ぐ」、などの批判もあった。現在、「復讐姫」趙氏は韓国の上場企業の中で最年少の取締役である。

 一方、最近は実姉のチョ・ヒョンア副社長(41)の「ナッツ・リターン」騒動について「大韓航空の皆の間違い」との意見を社内ネットで公表、社内の反発を買っていた。

 韓国のネットユーザーらは「大韓航空の3姉弟妹は本当に問題児だ」、「未来の大韓航空は暗い」、「大企業一家に生まれて甘やかされて育ったんだ」、「王族か、何だ」、「お金持ちはやはり3世までだね」、「お爺さんはすごい人だったけど、孫娘はちょっと…」などの反応がある。



スポンサーサイト

  1. 韓国・中国関連
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。