何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

なぜ中国人は子どもを連れて日本へ旅行する? 三組の親子に取材

なぜ中国人は子どもを連れて日本へ旅行する? 三組の親子に取材


 中国では、毎年7月1日~8月31日は小中学校の夏休みです。近年、子ども連れの海外旅行が盛んに行われています。その理由は、子どもの視野を広げるためにいち早く外国の文化に触れさせ、体験させたいからです。経済的に余裕のある家庭は、夏休みを利用して家族で楽しめる海外旅行を選びます。

 日本政府観光局が発表したデータによると、2014年上半期の訪日中国人観光客は、前年同期比88.2%増の100万9200人に達したそうです。夏休み中のデータは未発表ですが、例年のデータから見れば7、8月は訪日のピークです。日中間の政治、経済の緊張が続く中、観光業は静かに回復しているようです。



なぜ中国人は子どもを連れて日本へ旅行するのか?

 旅行先の選択肢がたくさんある中で、なぜ日本を選んだのか? そして、子どもに何を見せたいのか? 実際に日本に行ってみてどんな感触を得たのか? これらの疑問に興味をもち、日本の旅から戻ったばかりの三組の親子にインタビューしてみました。

 三人のお母さんはいずれも30代後半。Aさんは民間企業のCFO、Bさんは国家公務員、Cさんは大学の助教授。いわゆる「働き盛り」の世代で、消費を牽引する主力です。今までお母さんたちは、趣味、美容、海外旅行等、自分へ投資していましたが、子どもが9、10歳になり、そろそろ子どもの教育に重心を移し始めています。今回、子ども連れの海外旅行は初めての経験です。

Q1.なぜ最初の子ども連れ海外旅行に日本を選んだのですか?

 第一に、子どもの体力から考えると、飛行機に乗れる時間はせいぜい5時間までです。まずそういった理由で旅先は日本、東南アジアに絞られます。タイやインドネシアなどのリゾート地は確かに人気がありますが、最近、安全面は非常に心配です。この点でも日本は一歩リードです。

 次に、日本のパッケージツアーは価格競争が激しく、値段がどんどん下がっています。手ごろな値段と、良いサービスは魅力的ですね。

 例えば、最もスタンダードなプランは、東京から入り、箱根、富士山、伊豆、京都を経由し、大阪から帰るという5泊6日のツアーです。1人当たり6000元~7000元(約9万6000円~11万2000円)、中国の遠方への国内旅行と変わりません。

 また、私たち自身は、以前日本へ旅行したこともあり、正直なところ、日本の自然や景色にそれほど期待していませんが、日本人の自然を大切にする姿勢、礼儀正しさ、行き届いたサービスにはとても感心しました。当然、子どもにも体験させたいのです。

 そして、子どもたち自身にも、日本に行きたいという希望があります。アニメーションを通じて「日本」という国を知り、そして好奇心を抱いています。子どもたちは自分の目でこの国を確かめたいのです。(つづく)(執筆者:薛 晴)
 三組の親子への興味深いインタビューは続きます。

Q2.子どもたちが印象に残ったことは何ですか?

 なんといっても「きれい」ということですね。空気も、水も、人の笑顔も、いたるところが清潔だとわかります。

 高速道路の休憩所のトイレの写真をたくさん撮りましたよ。その清潔さ、設備の完備性、そして細かいところへの気配りに驚かされました。


 休憩所の駐車場には「歩行者専用道路」が設けられていて、目立つ色で塗られているので、車と人で混雑しても安全面の心配がないのです。

 トイレの使用状況は電光掲示板で案内していて、混み具合などは一目瞭然です! そして、トイレのドアや壁にかわいい絵があるので、子どもたちがたいへん喜んでいました。この絵はご当地のシンボルなので、さりげなく地元の宣伝効果もありますね。

 とにかく、細かい配慮と思いやりが溢れていて、長距離のバスの疲れとイライラ感もふっ飛びました。 

 また、トイレットペーパー、洗面台は、子どもの身長に合わせて設置されています。子どもたちは手を洗った後に何気なく洗面台の水滴を拭きました。たぶんこんなにきれいなのだから、自分たちもきれいに使わなきゃと自然に思ったのでしょう。子どもたちにとっていい教育にもなります。

Q3.以前の旅と変わったことがありますか?

 7年前にもパッケージツアーで日本に行ったことがありますが、その時と比較すると、今回のツアーには買い物の項目がかなり増えました。「免税店」と銘打っていますが、値段はかなり高かったです。

 その店で扱っている化粧品、スキンケア、健康食品などは普通のデパートやドラッグストアでは見かけないものばかりでした。店員さんのお薦めで一本1万円もする洗顔料を買いました。メーカーは大阪の会社だそうですが、後日、在日の友人に調べてもらったところ、会社の名前も住所も架空のものでした。その洗顔料を使うか使わないか迷っていますね(笑)。

 中国人観光客は「日本製のものは質が高い、日本で買ったものは偽物がない」と信じ込んでいるので、値段が高くでも買いたいという人がほとんどです。でも、以前と比べると100%信用できないですよね。その点は少し残念だと思います。

Q4.ほかに感じたことがありますか?

 私たちはヨーロッパ諸国、アメリカやカナダへのパッケージツアーにも行ったことがありますが、いつも不思議に思うことは、他の国のツアーでは食事のほとんどが中華料理なのに、なぜか日本のツアーは全部和食です。もちろん、和食もいいですが、せめて1食、2食は中華料理を食べたいですね。濃い味に慣れている中国人旅行者にとって、いきなり一週間全食、薄味の和食と付き合うのは少しつらいかもしれません。

 この話を聞いて、私もあることを思い出しました。

 そういえば、日本発の海外旅行のパフレットには現地の食事しか載っていません。もしかして、日本では“郷に入れば郷に従え”の意識が強いからでしょうか。でも、日本人の友人から「帰国便の機内の味噌汁は何よりおいしかった」という話を何回も聞かされたことがあります。お母さんたちの疑問は、日本のツアーのサービス改善のいいヒントになるかもしれませんね。


インタビューを終えて

 インタビューを終え、三組の親子たちの興奮はまだ抑えきれないようでした。中国のことばに「千里の旅、万巻の書」とありますが、今回の旅は楽しかっただけではなく、子どもたちもたくさん学んだようです。

 中国においても、日本においても、一部のマスコミが相手国の「悪い現象」だけをクローズアップし、そして過剰宣伝します。一般の方は「真実」と信じ込んでしまい、理由もなく嫌悪感を抱えてしまうことも少なくありません。

 でも、本当にその国のことを知りたければ、自分の足でその地を踏み、自分の目で見て、自分の肌で感じるしかありません。もっとも重要なことは、「いいところを発見しよう」、「感動したい」という「心」を持つことだと思います。(執筆者:薛 晴)



スポンサーサイト

  1. 韓国・中国関連
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。