何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

コメ大きくする遺伝子発見

世界的に人口増産が進むと当然食料難の時代に突入となりますが、食料についても研究されてるんですね。野菜などでも巨大なかぼちゃとかも発表されていますが、米を大きくする遺伝子を発見したニュースがありました。ジャポニカ米の「日本晴」もチームに入っているらしいです。

最近の若者を見ると年配の人に比べると身長も高くなり発育が良いように思います。
それにつれて住宅も東京オリンピック開催時に建設された昔の公団住宅より大型化されてきています。食料の確保も大事だけど、これからの時代食料とか住宅、輸送機関(自動車・電車・飛行機)なども人口増加に対応しなければならない。

ならば人間の遺伝子を変えて小型人間にして行かなければなりませんね。
地球上の人間の成長を1メートル以内にすると大きな家も必要なくなり、乗り物だって小さなもので事足りる。食料だって今の半分で間に合うし、住める土地だって十分に確保できる。何でもミニチュア化されることで地球の資源も心配は無くなる。大きいことは良い事だ!はもう考え直す時期に来ているのではないか。一番簡単な方法だと思うけどなあ~。ミクロの世界も良いかもね。


コメ大きくする遺伝子発見



2014年12月23日(火)5時1分配信 共同通信

 通常の日本晴のイネの種子(左)とカサラスの遺伝子を導入した日本晴のイネの種子(芦苅基行名古屋大教授提供)

 名古屋大の研究チームが、イネの種子の大きさを制御する遺伝子を見つけ、22日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この遺伝子が活発に働くとコメ粒が大きくなり、1株当たり最大15%ほど重くできたという。

 遺伝子組み換えでなく、交配でこの遺伝子を他品種へ移すことにも成功。チームの芦苅基行教授(植物分子遺伝学)は「収穫量の多い新品種を作って提供し、世界的な食糧難問題の軽減に役立てたい」と期待している。

 チームは、ジャポニカ米の「日本晴」と、日本晴より粒が細長いインディカ米の「カサラス」を使用。カサラスのどの遺伝子が入ると日本晴が大きくなるか調べた。



スポンサーサイト

  1. 最新ニュース
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。