何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

加速力に驚き、ミライの走りを体感 燃料電池車に試乗

トヨタの燃料電池車、欲しいなあ~  9.6秒で100kmだって!燃費のことは記載されていないけど安価なんだろうな。どこかに520万円ないかしら?
加速力に驚き、ミライの走りを体感 燃料電池車に試乗
大内奏

2014年11月20日04時03分



 トヨタ自動車は19日、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を12月に発売するのを前に、報道陣向けの試乗会を開いた。「持てる技術を全て投入した」とする次世代エコカーはどんなクルマなのか。記者が世界初の市販FCVの走りを体感した。


 案内役のトヨタの社員に促されて運転席に座る。ハンドルやアクセルなどの場所はガソリン車とほぼ同じ。電源スイッチを押し、いよいよ出発だ。

 エンジンで走るガソリン車と違い、FCVは大気中の酸素と燃料の水素を反応させてできた電気でモーターを回して走る。電池が作動しても、おなじみの振動や音はない。ブレーキを離すとそろりと動き出した。


 アクセルを踏みこむと、体がシートに押しつけられるように急加速し始めた。「ヒュイーン」。静かだった室内に、発電のために空気を取り込む音が響く。わずか数秒で時速60キロに到達。普段は時速40キロまでしか出してはいけないというこの試乗コース、慌ててアクセルから足を離した。発進時の加速力はレース用の3・5リットル車並みという。窓ガラスを二重にしたりして、風を切る音などを聞こえにくくしている。静かでついついスピードを出してしまいそうだ。


 コース3周(計4キロ)の試乗を終えた。スタート地点に戻り、「H2O」スイッチを押す。FCVは排ガスは出ないが、酸素と水素が結びついて水ができる。たまった水は走行中、定期的に捨てられるが、このスイッチで排出することも可能だ。うっかり自宅のガレージをぬらさずに済む。4キロ走ってできる水は240ミリリットルで、缶コーヒー1本程度。「シュー」。後輪近くの底部にある排水口から、勢いよく水が飛び出した。


 ミライの価格は消費税込みで約720万円。国の補助金を受けても約520万円もする。トヨタは2025年にはハイブリッド車並みの価格まで下げるという。そのころになれば記者にも手が届くだろうか。(大内奏)


■「加速力と静かさ」にこだわり

 開発責任者の田中義和主査に、ミライの特徴や今後の展開を聞いた。


 ――こだわった点は。

 「加速力と車内の静かさだ。モーターは9・6秒で時速100キロになる。ハイブリッド車のプリウスより速い。時速150キロで走っても、運転手と後部座席の人が普通の声で話せる」


 ――販売目標は年400台と控えめです。

 「(目標を決めた時には)燃料を補給する水素ステーションが少ないという制約があり、どれだけ売れるか自信がなかった。世間の関心が高まってきた今なら、もっとつくるように頑張ったと思う」


 ――当初「1千万円以下」としていた価格は、約700万円になりました。

 「エコカーは普及しないと意味がない。1千万円という値段がついた時点で、FCVは自分とは関係ない車だと思われてしまう。そうなったら先はない」

 「国の補助金がなくなっても買ってもらえるよう、燃料電池のシステムをコンパクトにし、価格を下げていくことが大事だと思う」


スポンサーサイト

  1. ニュースひらい読み
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。