何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

妻の関係先から微量の青酸検出 京都・夫殺害容疑

結婚する度に旦那が短期間のうちに死亡する事件が発覚した。その度に保険金が入ってくるって嬉しかったでしょうね、逮捕されるまでは・・・死体からは青酸化合物が見つかったとすれば殺人だよね。いつまでもバレナイと思ってたんでしょうか、度重なると周囲の人だっておかしいと思うでしょうに保険金が入ってくる喜びが忘れられなかったのでしょうかね。

妻の関係先から微量の青酸検出 京都・夫殺害容疑2014年11月20日06時09分


京都府向日(むこう)市と大阪府貝塚市の男性2人が死亡し、体内から青酸化合物が相次いで検出される事件があり、京都府警は19日、このうち京都の男性を殺害したとして男性の妻の筧(かけひ)千佐子(ちさこ)容疑者(67)を殺人容疑で逮捕し、発表した。捜査関係者によると千佐子容疑者の関係先で見つかった遺留物から、微量の青酸化合物が検出されたという。

青酸化合物、連続不審死か
 死亡したのは向日市鶏冠井(かいで)町の無職筧勇夫(いさお)さん(当時75)。千佐子容疑者は「逮捕された理由はよくわかっていますが、私は絶対に殺していません」と否認しているという。以前、交際していた大阪府貝塚市の男性(当時71)も一昨年に死亡しており、京都、大阪両府警は連続不審死事件の疑いを視野に捜査する。


 京都府警によると、逮捕容疑は昨年12月28日ごろ、向日市の自宅で何らかの手段により勇夫さんに青酸化合物を摂取させ、同日午後9時ごろに青酸中毒で死亡させた疑い。家入紀幸・捜査1課長は記者会見で「自殺と他殺で捜査するなかで、殺人事件と断定した」と述べたが、容疑を裏付ける証拠については明らかにせず、使われた青酸化合物の入手ルートの解明は「これから」と述べた。


 捜査関係者によると、昨年12月28日午後9時45分ごろ、千佐子容疑者から「夫が冷たくなっている」と119番通報があった。勇夫さんは2階で倒れており、心肺停止状態だった。


 司法解剖の結果、心臓に残っていた血液と胃から青酸化合物が検出されたが、千佐子容疑者は当時、「何が起きたのかわからない。思い当たることはまったくない」と説明したという。


 捜査関係者によると、今年夏ごろに千佐子容疑者の関係先を捜索した際、袋のようなものに付着していたごく微量の青酸化合物を検出したという。


 府警によると、千佐子容疑者には4回の結婚歴があり、勇夫さんとは結婚相談所を通じて昨年6月に知り合い、死亡する2カ月前の昨年11月1日に結婚したばかりだった。


 一方、大阪府の男性は2012年3月、バイクで大阪府泉佐野市を走行中に転倒し、死亡した。当時、死因は致死性不整脈を起こしたことによる病死とされた。ところが、京都府警の捜査の中で、千佐子容疑者が以前、この男性と交際していたことがわかり、保管されていた血液を大阪府警が調べたところ、青酸化合物が検出されたという。

 男性の死後、男性所有の自宅マンションは千佐子容疑者が相続し、その後、売却されていた。



スポンサーサイト

  1. 事件関係
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。