何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

 タバコ1箱1000円のカラクリ タバコを狙い撃ちにした増税に見える問題点

増税と言えばたばこ税が真っ先に上がってくるようですが、果たして諸外国と比べてどうなんでしょうか?増税して気に入らないならタバコ止めろ!的な感覚は無いのでしょうか?タバコ愛好家には厳しいですね。かく言う俺も1ヶ月前まで愛煙家でした。今は禁煙していますがまだ吸いたい気持ちはあります。禁煙する切っ掛けなんですが、たばこ代が何だかもったいない気持ちからでした。別に吸わなくてもいいかなの気持ちで数日間我慢しました。我慢の方法ですがまずは買わない、持たないでした。買わなければ持たない訳ですし、たばこの価格も高くなってきたのと近くに喫煙する人が少なくなって来てタバコをもらうのに気が引けるようになった。今でも吸いたい気持ちがあるけど買ってまで吸いたいとは思わなくなりました。毎日一箱吸い続けると1ヶ月で12000円超となります。12、000円を1年で計算すると144、000円。もったいないですよね。吸わなくても良いなら144,000円で贅沢な遊びに使う方が良いかな。禁煙の方法はケチ精神を養うこと!これが一番かなと思えます。喫煙してるあなたタバコ購入を辞めることから始めませんか。


 タバコ1箱1000円のカラクリ タバコを狙い撃ちにした増税に見える問題点



――たばこ税が議論されると、必ずといっていいほど欧米との比較がなされている。だが、そこには各国の税収をめぐる構造の差異があるというが……。

1410tabacos.jpgタバコ規制をめぐる法と政策(日本評論社)
 タバコ規制の問題とも絡みながら、たびたび議論を巻き起こしているのが、「たばこ税」に関する問題だ。1998年にたばこ特別税が導入されて以降、2003年、06年、10年と複数回にわたって増税が行われている。「税金を取りやすいところから取る」かのような増税には批判も集まっているほか、厚生労働省が増税の目的を「国民の健康の観点からタバコの消費を抑制するため」と説明していることも議論を呼んでいる。

 税理士・法学者の浦野広明氏は「タバコの健康面へのリスクの有無は置いておいても、応能負担の観点から見て、日本のたばこ税には問題がある」と話す。

「庶民の嗜好品であるタバコに、一律に高い税率をかけるのは庶民に対する"いじめ"でしょう。租税は各人の能力に応じて平等に負担されるべき……という応能負担原則から考えると、本来であれば値段の高いものには高い税率、低いものには低い税率をかけるべきなんです」

 そのような応能負担原則に基づき、等級制を採って安価帯のタバコを用意している国や、紙巻きタバコに対して手巻き用の刻みタバコの税額を低く設定している国もある。税率の高さなどからタバコが一箱1000円するようなイギリスと比較して、「日本のたばこ税はまだ低い」と言われることもあるが、一概にそうとも言い切れない部分もあるわけだ。JTも09年にたばこ税増税に対する意見として、「各国のタバコの価格は、税構造や物価などが全く異なる環境下で決められて」いるとし、「単純に諸外国と比較をし、日本の価格が安いという議論は、適切ではないと考えます」との見解を発表している。



スポンサーサイト

  1. 最新ニュース
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。