何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

サンゴ密漁問題 海保立ち入り検査妨害した中国漁船船長を逮捕

中国漁船船長を逮捕のニュース。この1ヶ月甘利で4、500回の退去警告で船長逮捕は6人目とは少なくないですか? 海上保安庁が警告に乗り出しているってことは日本の税金がどれ程使われていることか、計算すれば多額の税金の無駄遣いとなる。この経費を中国船に請求出来ないのでしょうか、違反漁船に責任を取らせて請求するのが妥当だ。日本領海に入港した時点で罰金形式で金を巻き上げれば中国漁船も入ってこなくなると私は思うが・・・早く正式に法の整備をしてくれ。それでなくても税金が足らないと増税を考えてる日本なのだから変な所に税金を投入させるな。

サンゴ密漁問題 海保立ち入り検査妨害した中国漁船船長を逮捕 フジテレビ系(FNN) 11月14日(金)0時33分配信


小笠原諸島周辺で、中国の漁船が、大挙して赤サンゴを密漁している問題。海上保安庁の立ち入り検査を妨害した中国漁船の船長が、現行犯逮捕された。
小笠原諸島沖の真っ暗な海で、こうこうと明かりをつけ、サンゴの密漁を行う中国漁船。
海上保安庁は、巡視船による退去警告の様子を撮影した映像を新たに公開した。
再三の警告にもかかわらず、領海内で航行を続ける中国漁船。
夜が明けても、中国漁船は、航行を続けていた。
海上保安庁によると、中国漁船への退去警告は、この1カ月余りで、およそ4,500回。
11月7日には、1日で、最大781回にのぼった。
こうした中、13日午前11時ごろ、小笠原諸島沖の日本の排他的経済水域内で、停船命令を無視した中国サンゴ漁船の船長が、漁業法違反の現行犯で逮捕された。
この海域で、中国サンゴ漁船の船長が逮捕されるのは、6件目。
東京都や外務省などの関係機関は13日、対策会議を開き、連携を強化して対応する方針を確認した。
小笠原村の森下一男村長は、「漁業者は漁業被害、それから観光業者は、なかなか思うように観光スポットに行けない。不法操業については、きちっと取り締まりをしていただきたいということですね」と述べた。
日本の取るべき対応について、東海大学海洋学部の山田吉彦教授は、「海上保安庁と(海上)自衛隊の連携ということも、視野に入れなければいけないと。最も逮捕しやすいのは現行犯。ヘリコプターから降りていって、証拠隠滅される前に手を打つということも可能。新しい警備態勢が必要」と語った。

領海を航行する外国船だが、全てを取り締まることはできない。
それは、国際法上認められている、無害通航権があるためで、これは、目的地に向かうために、他国の領海を通過できる権利。
しかし、これは、あくまで通過する行為で、漁業活動や測量などの調査・情報収集活動を行ってはいけないなどと規定されている。


スポンサーサイト

  1. 最新ニュース
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。