何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

サンゴ密漁 領海内“無許可”停泊の中国船、12隻に 台風避け

中国密漁漁船は台風の影響で小笠原諸島周辺に停泊しているらしいが、無断で日本の領海に入り何の挨拶もない、危険な状態になれば救助を頼むならそれなりの挨拶はして当然だろ。中国政府は厳重に注意するとしながらも、漁船には伝わっていないのか伝えていないのか日本からの抗議を完全に無視状態だ!口先だけの約束なんてクソ喰らえ!

サンゴ密漁 領海内“無許可”停泊の中国船、12隻に 台風避け
産経新聞 11月6日(木)19時16分配信

 小笠原諸島や伊豆諸島(東京都)周辺での中国漁船によるサンゴ密漁問題で、海上保安庁は6日、中国漁船計12隻が台風20号の影響を避けるため、小笠原諸島周辺の領海(約22キロ)内に停泊しているのを確認した。

 周辺海域は波が高く、海保は人道上の観点から台風の影響が弱まるまで領海内への緊急避難を認めたが、島に不法上陸しないよう近くに巡視船を配備し監視を強めている。

 海保によると、台風20号の接近に伴い、約200隻いた中国船団の大半は影響の少ない南東の海域などに退避。6日朝には小笠原諸島の領海内に13隻が停泊しているのを確認し、午後3時現在では12隻になった。

 外国船が領海内に緊急避難する場合、最寄りの海上保安部署などに事前申請するのがルールだが、この12隻は申請していなかった。海保は波が高く中国漁船に近づけないため、監視を続けながら停泊理由を申請するよう呼びかけている。

 一方、台風接近で大半の密漁船が退避したが、「また戻ってくるのでは」と不安がる島民も少なくない。

 小笠原村の漁師、石井勝彦さん(62)は「中国船はサンゴが採れるまで居座るに違いない」と話す。その上で、長年にわたり苦労して管理してきた漁場が中国船団に荒らされたことに怒りを募らせ、「漁に出られない時期が長期化する中で、どうやって暮らしていけばいいのか。この現実を国はもっと理解してほしい」と訴えた。






スポンサーサイト

  1. 韓国・中国関連
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。