何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

邦銀、ミャンマー進出で韓国に“完勝” 頻発する不正など嫌われ“全滅”

世界は見てるんですねえ、ミャンマーでの海外銀行免許交付を受け付けた。日本のメガバンク「三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガ全てが選ばれた日本とは逆に、韓国は申請した韓国産業、国民、新韓の3行がことごとく“落選”」  韓国が落選したのは不正が多いことからとのことで韓国らしさを見破られていたことが原因。

邦銀、ミャンマー進出で韓国に“完勝” 頻発する不正など嫌われ“全滅”
産経ビズ

 2011年の民主化後、今月1日に初めて外国銀行への営業免許交付を決めたミャンマー。選ばれた6カ国9行の中で日本勢は申請した3メガバンク全てが当選し、国別で最多となった。これに対し韓国は申請した3行が“全滅”するなど明暗を分けた。これには韓国勢の不正が影響したとみられている。邦銀の完全勝利に、生損保業界も「銀行に続け」と色めき立っている。

 「選考基準を点数化した結果、9行の中に3行が入っていた。日本だから選んだわけではない」

 1日、首都ネピドーでの記者会見でミャンマー中央銀行副総裁はこう強調したが、首をかしげる記者もみられたという。それほど日本に対する厚遇ぶりは際立っていた。

 免許を申請していたのは12カ国・地域の25行。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガ全てが選ばれた日本とは逆に、韓国は申請した韓国産業、国民、新韓の3行がことごとく“落選”し、完敗となった。台湾やインド勢も選に漏れた。日本の他に複数行が免許を得た国は、わずかにシンガポール(2行)だけだった。

 韓国勢の敗因として指摘されているのが、韓国の銀行で頻発している不正事件だ。金融システムの健全な発展を目指すミャンマー政府が「在日支店で不正が次々と発覚した韓国の銀行を嫌がった」(邦銀関係者)との見方が出ている。

 担保の水増しによる過剰融資、融資先からのリベート…。日本の金融庁は8月末、韓国最大手の国民銀行東京、大阪両支店で多数の不正が見つかったとして、両支店に一部業務停止命令を出した。これを受け過去の考査(立ち入り調査)結果を改めて点検した日銀も今月3日、国民銀が実態と異なる資料を提出し、虚偽の説明をするなどの違反行為があったと発表した。

 本国の目の届きにくい在日支店の不正融資やマネーロンダリング(資金洗浄)などの“黒い噂”は他の韓国大手銀でもささやかれ、日韓の金融当局が昨年から合同調査に入っていた。

 ミャンマーは民主化後、経済開放に取り組んできた。国際通貨基金(IMF)や欧州コンサルティング会社などと外資参入のスキームを練ってきたが、IMFは金融システムの健全な発展を重視。免許を申請した外銀各行のコンプライアンス(法令順守)もチェックしたとみられており、「在日支店で不正が発覚した韓国大手銀への免許を見送った可能性がある」(邦銀幹部)との観測が出ている。

 また、韓国の銀行は邦銀に比べ資金力が乏しい点がネックになった可能性もある。韓国最大手企業のサムスン電子の資金需要に応えられず、代わりに複数の邦銀が融資しているほどだ。

 一方、他国とのバランスから当初は1~2行しか選ばれないとみられていた邦銀が完全勝利した要因はどこにあるのか。麻生太郎財務相は3行への交付が決まった後、「(日本)企業は、それぞれのメーンバンクが出ないと、(ミャンマーに)進出しにくいという事情を先方に伝えたのが大きかった」と、舞台裏を明かした。

 日本政府は「アジアのラストフロンティア(最後の未開拓地)」とされるミャンマーとの関係を築こうと、延滞債務の解消や多額の円借款供与の方針を表明している。最大都市ヤンゴン近郊では、官民で工業団地も造成。安倍晋三首相も親書を送った。政府によるこうした援護射撃も邦銀の厚遇につながったとみられる。


スポンサーサイト

  1. 国際ニュース
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。