何でも思ったこと、感じたことを明け透けと語っちゃえ!

愚痴のプラス思考 あなたならどうする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

“オールジャパン”で新幹線輸出加速に高まる機運

今まで新幹線の世界進出が進んでいないことが不思議な気がする。台湾高速鉄道のみとは情けない、半世紀に渡って死傷者ゼロの新幹線は世界でもその優秀さを認められているが国を挙げての売り込みがなされていなかったのが原因か。今からでも遅くはない、中国などの危険な安物新幹線に負けていては日本のメンツが立たない。世界ではまだまだ新幹線の需要が高まっている、50年掛けて磨き上げてきた安全性などの武器をもってすれば決して負けることは無いはずです。頑張れ”日本の新幹線”

“オールジャパン”で新幹線輸出加速に高まる機運


JR東海などが高速鉄道国際会議

 日本の新幹線輸出に弾みをつけようと、JRグループなどでつくる国際高速鉄道協会(IHRA)とJR東海、JR西日本、JR九州は22日、東京都内で高速鉄道国際会議を開いた。今月1日に開業50年を迎えた東海道新幹線が持つ高い安全性などを武器に、世界の高速鉄道計画で新幹線や超電導リニア技術の採用をアピールした。

 「50年かけて磨き上げ、改善してきた新幹線は、単なる高速鉄道ではなく、皆さんの国の経済や社会、生活スタイルに変革をもたらす交通システムだ」

 IHRAの宿利正史理事長(元国土交通事務次官)は基調講演でこう訴えた。会議には約300人が出席。JRグループなど日本の関係者のほか、高速鉄道計画がある米国や豪州、マレーシア、インドなど海外からも約70人が参加した。

 新幹線は半世紀の間、乗客の死傷者ゼロという安全性に加え、平均遅延時間が1分未満という高い定時性を誇る。会議では新幹線を運行する東海▽西日本▽東日本▽九州-のJR4社の幹部が、所要時間短縮の取り組みや高速化、新幹線による経済効果などを説明し、JRグループが協調して海外に売り込む姿勢を示した。



 高速鉄道計画を持つ海外の参加者も新幹線を高く評価した。米国のシーファー元駐日大使は「安全性に加え、運行ダイヤの正確さは米国人にとって重要」と指摘。また、豪州鉄道協会のブライアン・ナイ最高経営責任者も「日本では新幹線をうまく使って地域開発につなげている」と話した。

 ただ、新幹線の輸出実績は2007年開業の台湾高速鉄道のみにとどまっている。実績が豊富な仏独をはじめとする欧州や、低価格を打ち出す中国などとの受注競争は激しい。日本勢の巻き返しには、JRグループや鉄道関連メーカー、商社などの民間企業と政府による「“オールジャパン”の態勢が極めて重要」(IHRAの宿利理事長)だ。

 国交省によると、世界では10前後の国で高速鉄道計画がある。鉄道などのインフラ輸出を進めるため、政府が出資する「海外交通・都市開発事業支援機構」が20日に発足するなど機運は高まっている。


スポンサーサイト

  1. 国際ニュース
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

マサノビッチ

Author:マサノビッチ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2017 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。